CentOS7でfirewalldの基本コマンド一覧


ConoHaのVPSを契約してみた。

CentOS7を触るのは初めてだったので、firewalldコマンドについてまとめてみる。

※firewalld自動起動設定確認 enabledで設定済み
# systemctl is-enabled firewalld

※firewalld起動方法
# systemctl start firewalld

※firewalld停止方法
# systemctl stop firewalld

※firewalld自動起動設定
# systemctl enable firewalld

※firewalld自動起動解除
# systemctl disable firewalld

※firewalld設定をコマンドで追加。下記80番ポート
# firewall-cmd --permanent --add-port=80/tcp

※firewalld設定をコマンドで追加2。上記と違い、サービス名で追加することもできる。
# firewall-cmd --permanent --remove-service=http

※firewalld設定をコマンドで削除。下記80番ポート
# firewall-cmd --permanent --remove-port=80/tcp

※firewalld設定更新。各種追加変更を行った場合は必ず。
# firewall-cmd --reload

※firewalld設定をファイルで確認。直接編集してもOK。ただし、ここにport設定があっても、reloadしてないと反映されないので注意
# vi /etc/firewalld/zones/public.xml

※firewalld設定を確認。reloadすると反映される。
# firewall-cmd --list-all

以上。


投稿者: しんじ

ベトナムでオフショア開発会社経営中 www.bit-vietnam.com 。サービス開発が趣味。web系は主にPHPで、スマホアプリはswiftで。最近はエンジニア向けの英語勉強webアプリ エングリッシュ e-lish.io を作りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)