CentOSにMySQL 5.5をバージョン指定してインストール

MySQLの現在の最新バージョンは5.6であり、yumにrpmリポジトリを追加して普通にyum installするとMySQL5.6が入る。
ホスティング会社の提供するDBサーバーのMySQLバージョンが5.5のとき、テストサーバーには同じバージョンである5.5をインストールしたい。
その方法を示す。

まず、既存のMySQLをアンインストール。

$ sudo yum -y remove mysql*

rpmリポジトリをyumに追加。

$ sudo yum -y install http://dev.mysql.com/get/mysql-community-release-el6-5.noarch.rpm

このままインストールすると最新版のMySQL5.6が入ってしまうのでリポジトリファイルを編集。

$ sudo vi  /etc/yum.repos.d/mysql-community.repo

下記のように編集。

# Enable to use MySQL 5.5
[mysql55-community]
name=MySQL 5.5 Community Server
baseurl=http://repo.mysql.com/yum/mysql-5.5-community/el/6/$basearch/
enabled=1   #ここを1に
gpgcheck=1
gpgkey=file:/etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysql

# Enable to use MySQL 5.6
[mysql56-community]
name=MySQL 5.6 Community Server
baseurl=http://repo.mysql.com/yum/mysql-5.6-community/el/6/$basearch/
enabled=0  #ここを0にする
gpgcheck=1
gpgkey=file:/etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysql

yumでインストール。

$ sudo yum -y install mysql mysql-devel mysql-server mysql-utilities

起動と自動起動設定。

$ sudo service mysqld start
$ sudo chkconfig mysqld on

確認

$ mysql --version
mysql Ver 14.14 Distrib 5.5.40, for Linux (x86_64) using readline 5.1

これでMySQL5.5がインストールできた。