【Swift】画像をクリップボードにコピーしてペーストするまで

画像をコピーしてペーストする方法を調べた時に、下記のような方法をみつけたが、これだとうまく動かない。

なので、下記のような方法で実装する。
カスタムキーボードから利用する際は、予めフルアクセスの許可をとる必要があるので、権限を確認する処理も追記した。

参考:http://stackoverflow.com/questions/27307156/copy-image-with-uipasteboard-swift

【Swift】カスタムキーボードで削除ボタンを実装する

カスタムキーボードで、削除ボタン(バックスペースボタン)を実装しようといろいろ調べてみると、単純にaddTargetで削除処理を呼び出せばいいというわけではなく、削除ボタンを押し続けた際の動きなどいろいろ考慮しないといけないようで、少しSwift初心者にはハードルが高そうだ。

ネット上にいいサンプルコードがないか探してみたところ、GitHubにうってつけのコードを発見。

https://github.com/archagon/tasty-imitation-keyboard

英語キーボードを全てコードで実装しているらしい(すごい)。各アイコンもベジエ曲線などを使いを見事に表現している。

とりあえず、削除の処理の部分のみを抜粋し、自分のプロジェクトに適用してみる。

“【Swift】カスタムキーボードで削除ボタンを実装する”の続きを読む

【Swift】カスタムキーボードで地球儀アイコンを表示させる

iOSのシステムキーボードの切替ボタンはこのように地球になっている。
スクリーンショット 2015-08-21 22.31.14

カスタムキーボードを作る際は、この切替ボタンがデフォルトではテキストになっており、地球アイコンを使いたいなら自前で用意する必要がある。
その方法として1,絵文字を使う方法、2,ベジェ曲線を使って描画する方法を記す

“【Swift】カスタムキーボードで地球儀アイコンを表示させる”の続きを読む

Titanium StudioでのiPhone実機を使ったデバッグ方法

公式はここ。
http://docs.appcelerator.com/titanium/latest/#!/guide/Debugging_on_iOS_Devices

前提

・Titanium Studioから実機へアプリをインストールできること。
・Titanium SDK Release 3.0以降であること
・Titanium Studioのバージョンが3.0以降であること。
・PCと実機が同じWi-Fiネットワークを使っていること。デバッガはUSBケーブルではなくWi-Fiを通して実行される。
・USBケーブルで実機をPCとつなげておくこと(推奨)
・iTunesとWi-Fi経由で同期する設定にしておくこと。
※信頼できるWi-Fiがなければ、Ad-Hocで代用することもできる。

“Titanium StudioでのiPhone実機を使ったデバッグ方法”の続きを読む

FMDBでSQLite利用時の、DB Error: 1 “no such table: エラーについて

ある日、Xcodeのデバッグバーにこんな表示がでた。

既にいくつかのテーブルがはいったデータベースを参照して実行しているはずが、テーブルが存在しないというエラーだ。
このエラーでググって、検索結果を片っ端から試したが、ことごとく失敗に終わってしまった。
何か重大な勘違いをしているのではないかと思ったので、アプリケーションのビルド時におけるデータベースの扱い方についてまとめる。

“FMDBでSQLite利用時の、DB Error: 1 “no such table: エラーについて”の続きを読む

Xcodeで.xibからctrl+ドラッグでIBOutletやIBActionをつなげられなくなった;;

1時間程無駄にしてしまったので記す。

.xibファイルからctrl+ドラッグで.hファイルや.mファイルにIBOutletやIBActionを繋げられなくなってしまった。

.xibファイルのFile’s Ownerを右クリックすると下記のような不穏なアイコンが表示されている。
スクリーンショット 2013-10-21 16.12.18

どうやら原因はファイル名をリネームしたことらしい。
リネームに伴い、.hファイルや.mファイルは当然新しい名前で置換済みだが、.xibファイルを放置していた。
この状態でもビルドできてしまうから余計にたちが悪い。

.xibファイルの中身はXMLファイルのなので、下記の方法で対応する。

  1. ***ViewController.xibを右クリック→Open As→Source Codeでエディタを開く
  2. 過去のファイル名が書いてある部分をcmd+opt+fで置換すればOK.

最後に、①のやり方できちんとOpen As InterfaceBuilderに戻しておくように。