SonarQube4.3をCentOS6.4にインストール


詳しくは公式サイトで。

JavaとMySQL等は予めインストールされているものとする。

手順

インストール・起動

ここから最新のパッケージのダウンロードリンクアドレスを取得。
http://www.sonarqube.org/downloads/

取得したリンクアドレスから下記のようにzipファイルをDL&解凍

SonarQube起動

バーチャルホスト設定・アクセス

今回はサブドメイン運用させるので、SonarQubeのデフォルトポートである9000へバーチャルプロキシ設定。

Apache再起動

初期設定では ID: admin/Pass: admin でログインできる。
http://sonarqube.example.com

※動かない場合などは、正常に動いているか下記のコマンドで確認。

PHPプラグインをインストール

ここから最新のPHPプラグインのダウンロードリンクアドレスをコピー。

ダウンロード。

SonarQube再起動。

SonarQube管理画面のsettingページにphpルールが追加されていることを確認できる。

MySQL設定

最初はサンプルデータで起動しているので、SonarQube用のデータベースとユーザーを作成する。
SQLのサンプルはここ

作成したデータベースとユーザーをSonarQube設定ファイルに記載。

先ほどのサンプルSQLの状態であれば下記のようになる。

SonarQube再起動。

初回アクセス時に各種テーブルを作成されるようだ。

以上。


投稿者: しんじ

ベトナムでオフショア開発会社経営中 www.bit-vietnam.com 。サービス開発が趣味。web系は主にPHPで、スマホアプリはswiftで。最近はエンジニア向けの英語勉強webアプリ エングリッシュ e-lish.io を作りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です