【Mac】nodebrewを使ったNode.jsの環境構築

単純に公式サイト https://nodejs.org からpkgをダウンロードしてインストールが最も簡単な方法ではあるが、pythonやrubyにバージョン管理ツールが用意されているように、Node.jsにもバージョン管理ツールがあるのでそれを使うことにする。

過去にNode.jsを使っていたことがあるので、一旦環境をリセットして再度バージョン管理ツールでインストールという流れで進める。

現状のNode.jsを完全にアンインストール

MacにpkgでインストールしたNode.jsをアンインストールする手順

を参考にインストーラでインストールしたNode.jsをアンインストール。
これでpkgでインストールしたNode.jsは削除できたようだ。

しかし

が未だに実行できてしまう。
そこで、そもそもnodeがどこにあるのかを確認。

どうも昔の僕はnvmで管理していたようだ。最近はnodebrewがお勧めらしいのでnvmをアンインストールする。

まず、bash_profileの編集。

を削除。

次に.nvmフォルダを削除。

最後にbash_profileの反映

確認

完全にNode.jsをアンインストールすることができた。

nodebrewを使ってNode.jsをインストール

次にnodebrewを使ってインストールしていく。
まずhomebrewをインストール。

その後、homebrewを使ってnodebrewをインストール。

確認。

ずらずらと出力されるので完了。
次にNode.jsをインストールする。
その前に、予めディレクトリを作成しておかないとnodebrewをインストールしてもエラーになるので作成。

その後インストール。

確認。

current: noneとなっているので、

で、バージョンを指定する。

補足として、
特定のバージョンを使いたい場合は

でバージョン一覧を取得し

で好きなバージョンをインストールし、

でOK

その後、nodeコマンドへパスをbash_profileに保存

下記を追記

bash_profileの反映

確認。

これでNode.jsのインストールが完了。

念のためnpmも使えることを確認。

OK。